関宿カブミーティングレポート【4】 関宿カブミーティング

関宿カブミーティングレポート【4】のページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告

関宿カブミーティングレポート【4】

sekijukucubmeeting010.jpg

sekijukucubmeeting011.jpg
すごい台数です。悪天候にも負けないパワフルなカブとオーナーたち!

ここからしばらくフリータイム。
道の駅の食堂や関の町で昼食です。
みなさん誘い合って出掛けられました。
初めて会う人たちがゆっくり交流できる時間。
短い時間でしたが、カブのもとへ戻ってきたときのみなさんの表情から
楽しく交流できたことが伝わってきました。

sekijukucubmeeting012.jpg
13:30
関宿カブミーティングの目玉とも言える「ショートツーリング」を開始します。
雨脚が強くなってきたのでカッパを着込みます。

[ショートツーリング]
関周辺の山道を周回して道の駅関宿に戻ってきます。
走行距離は約7km。速度は超低速です。
フリータイムの間に3名早退され、45台での走行です。


sekijukucubmeeting013.jpg

sekijukucubmeeting017.jpg
二列に並んでも最後尾が見えません!
改めて台数の多さに驚きました。


sekijukucubmeeting014.jpg
関駅の前で信号待ち。
駅周辺にいた人たちの視線を浴びながらショートツーリングスタート!


sekijukucubmeeting015.jpg
低速ですが台数が多いので長い列。
前を見てもミラーを見てもカブ、カブ、カブ。


sekijukucubmeeting018.jpg

sekijukucubmeeting016.jpg
関の山の中へ進んでいきます。
雨が若干気になるものの、緑に囲まれて気持ちよく走れました。
先頭からの光景も、最後尾からの光景も圧巻です。
こんな光景、今まで見たことありません!


sekijukucubmeeting019.jpg
ミラーを見ると無数のライトが光ってます。
楽しい時間はあとわずか。この光景を頭に焼き付けながら走ります。


sekijukucubmeeting020.jpg
道の駅関宿に戻ってきました。
みなさん、お疲れ様でした!


sekijukucubmeeting021.jpg
ヘルメットを脱いだ顔はどれも笑顔!眩しいぐらいの笑顔がそこにありました。
大集団での走行も圧巻でしたが、走行後のこの光景も素晴らしかったです。
一生忘れられない光景です。


ショートツーリングも終わり、関宿カブミーティングはこれで終わりです。
悪天候のため、予定を早めて解散することにしました。
オックン関西担当から閉会の挨拶(噛みまくり、滑りまくり)
関宿カブミーティング、終了です。

名残惜しいですが、それぞれ帰路へ。
みなさん、ありがとうございました!

実は悪天候だったのは道の駅関宿周辺だけだったようで、
亀山市を抜けると急激に天候が回復するというオチがありました。




-----

約2年間の準備期間を経て、念願の開催となった関宿カブミーティング。
トラブルもなく無事に終了することができ、とりあえずホッとしてます。
今回の敵は雨!悪天候でどうなることかと思いましたが、それでもたくさんの
オーナーたちが集まってくださり、嬉しくて涙がでそうでした(本当に!)
フリータイム、そしてショートツーリングを終えて、みなさんが笑顔で
会話しているのを見て、関西と東海の交流という目的は果たせたかな、と思いました。
会話できなかったとしても、顔を合わせておくというのはとても大事なことで、
今後別のイベントで会ったときに「関宿に参加してましたよね」という感じで
会話のキッカケになるかもしれません。
今回話せなかった人ともまたどこかで会った時に話し掛けてみてください!
合言葉は「関宿」です!

圧巻のショートツーリング。
あれだけの台数での走行はみなさん初体験だったのではないでしょうか。
たくさん並べられたカブを眺めるのも楽しいですが、走ることによって
得られる感動もあります。走行後のみなさんの一体感、感動的でした。

来年もまた開催します!
悪天候という過酷な第1回開催、雨さえ降らなかったら文句ナシ!という
状況を経験したことにより、次回はさらに楽しいイベントになるはずです。
今はまだカブに乗っていない人達もこれからどんどん増えて、次回開催時に
参加するかもしれません。そういった人達のイベントデビュー戦になるように
気軽に参加できる雰囲気を作っていければと考えてます。
今回参加したみなさんも思いだしてみてください、自分のデビュー戦を。
期待と不安で一杯だったときに声を掛けてもらえて嬉しかったこと、
人見知りで何も話せず悔しかったこと、寂しかったこと。
楽しくなければ「関宿」じゃない!みんなでどんどん声を掛け合っていきましょう。

関宿カブミーティングに参加されたみなさん、
応援してくださったみなさん、
ありがとうございました!

また来年、道の駅関宿でお会いしましょう!


sekijukucubmeeting022.jpg
2007.9.2 関宿カブミーティング

スポンサーサイト

2007年09月30日 未分類

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。