関宿カブミーティング

のカテゴリーです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告

関宿カブミーティング開催!

070902.jpg


関宿カブミーティング、無事終了しました。

悪天候にもかかわらず、たくさんのカブオーナーが集まりました。
参加してくださったみなさん、ありがとうございました!

後日、レポートを作成してアップする予定です。
いくつかお知らせもありますので、もうしばらくの間、
当ブログのチェックをお願いします。

来年は必ず晴れた日に開催します!

お疲れ様でした。

-----

参加台数:48台

北海道×1
神奈川×2
静岡×2
岐阜×2
愛知×14
滋賀×2
奈良×2
京都×6
大阪×14
和歌山×2
兵庫×1

スポンサーサイト

2007年09月02日 未分類

いよいよ明日開催!

関宿カブミーティング、いよいよ明日開催です。
心配だった天候も開催日が近づくにつれて回復してきました。
予報は「曇り」ですが念のため雨具の用意をお願いします。
道の駅関宿周辺の道路は車の流れが早いので十分注意して、
安全運転でお越しください。

たくさんの笑顔に出会えるのを楽しみにしてます。

それでは明日、道の駅関宿でお会いしましょう!

2007年09月01日 未分類

団体プランのお知らせ(8/21更新)

関宿を目指すカブの姿が東海道のあちらこちらで見られるであろう9月2日。
1人でも、知り合いのカブ仲間に声を掛けて一緒に参加してもOKです。

1人で関宿に行くのは恥ずかしい!
できれば大勢で、みんなと一緒に関宿に行きたい!

そんなみなさんのために用意しました、団体プラン「鈴鹿峠」「亀山」
集合場所に集まった方々と一緒に走行して関宿入りするプラン内容です。
「鈴鹿峠」は関西向け、「亀山」は東海向けとなっております。

-----

「鈴鹿峠」(関西向け)

集合場所:滋賀県甲賀市土山町 道の駅あいの土山
出発時間:11時
走行距離:約15km

道の駅関宿と同じく、国道1号沿いにある道の駅あいの土山。
鈴鹿トンネルを抜けて三重県に入り、鈴鹿峠を越えて関宿を目指します。
50ccのペースに合わせて走行します。
時間厳守です。11時ぎりぎり、もしくはそれ以降にあいの土山に到着し、
駐車場にカブの姿が無かった場合、出発したと思ってください。
事前申し込み不要です。当日あいの土山にお越しください。



「亀山」(東海向け)

集合場所:三重県亀山市 あんぜん文化村
出発時間:11時30分
走行距離:約2.5km

あんぜん文化村は国道1号沿い、亀山IC東側にあるドライブインです。
道の駅関宿までの距離は短いですが車の流れが速い区間なので注意して
走行します。50ccのペースに合わせて走行します。時間厳守です。
11時30分ぎりぎり、もしくはそれ以降にあんぜん文化村に到着し、
駐車場にカブの姿が無かった場合、出発したと思ってください。
事前申し込み不要です。当日あんぜん文化村にお越しください。

-----

ご不明な点がありましたらお問い合わせください。
団体プラン担当:オックン
idatennet@hotmail.com

2007年08月21日 未分類

関宿カブミーティング詳細(8/13更新)

「関宿カブミーティング」


[日時]
2007年9月2日(日)
12:00~15:00
(小雨決行)

[場所]
三重県亀山市 道の駅関宿

[参加車両]
カブ

[主催]
関宿プロジェクト
(東海&関西地区カブオーナー有志)

[開催趣旨]
東海地区、関西地区のカブオーナーの交流。

遠く離れた場所でカブライフを楽しむ両地区のオーナーたちが
中間地点で合流して、カブを囲んで談笑し、楽しい時間を共有する。
というのが開催目的です。基本的に何もかも自由なイベントです。
カブを眺めてカスタムの地域性を見比べるのもよし、オーナーと会話して
カブ仲間を増やすのもよし、楽しみ方はたくさんあります。
参加者全員でのショートツーリングも予定してます。

[注意事項]
このイベントはショップ主催でも企業主催でもありません。
みなさんと同じカブオーナー主催です。
大規模な企画等はできませんが、参加されるみなさんが楽しい時間を
過ごせるように工夫して、頑張っていきますので、至らぬ点があっても
あまり激しく突っ込まずに温かく見守ってください。

開催場所の道の駅関宿に使用許可を取っているわけではありません。
基本的に、待ち合わせ場所での休憩というスタンスです。
他の利用客や道の駅関宿に迷惑がかからないよう努めますので、
参加されるみなさんも御協力お願いします。
空吹かしや暴走行為は論外です。

道の駅関宿までの自走時に起きたトラブルは自己責任でお願いします。
国道1号は車の流れが速く、1車線の区間が長く続きますので、
事故等に注意して安全運転で走行してください。

[問い合わせ]
質問、参加表明、苦情などあれば下記アドレスまで。

東海:KZSG
fulltune@hotmail.com

関西:オックン
idatennet@hotmail.com

2007年08月13日 未分類

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。